日本の夏は暑いです。

特に1日中家にいる専業主婦や、定年退職されてる方は、1日中エアコンをつけっぱなしにしていたい、という人も多いでしょう。

会社員でもペットのために留守の間エアコンをつけておく人もいます。

しかしエアコンをつけっぱなしにして火事になったりしないんでしょうか?

その可能性を探ってみました。

やべくんやべくん

やばい!

やべ老師やべ老師

どうしたの?

やべくんやべくん

エアコンつけっぱなしのまま帰省しちゃった・・・。

やべ老師やべ老師

相変わらずドジだねー。

やべくんやべくん

いやー。それほどでも。

やべ老師やべ老師

誉めてねぇし!

やべくんやべくん

だよねw ところで電気代がやばいのはともかく、火事になる可能性はないよね?

やべ老師やべ老師

エアコンつけっぱで火事ねぇ。どうかな。

やべくんやべくん

え?可能性あるの?

やべ老師やべ老師

まぁほぼないけど。

やべくんやべくん

よかった。

やべ老師やべ老師

でもまぁ事例はないこともないから。

やべくんやべくん

え・・・。

やべ老師やべ老師

まぁとりあえず説明するよ。

やべ老師やべ老師

ってことで今回はエアコンつけっぱなしで火事になる可能性について解説します!

スポンサーリンク

エアコンつけっぱなしで火事になる可能性は限りなくゼロに近い

結論から言うとエアコンが原因で火事になる可能性はほぼないです。

実際、エアコンを24時間つけっぱなしにしているケースは企業,一般家庭共にたくさんあります。

企業ならコンビニや24時間のスーパー、インターネットカフェなど。

しかしこれらの施設でエアコンが原因で火事が起きたなんて聞いたことないですよね。

一般家庭でも最近はエアコンはつけっぱなしの万が電気代がお得だからと夏の間や冬の間ずっとつけっぱなしにする人もいるくらいです。

それでも火事が起きてないのですからエアコンのつけつぼなしが起きることは考えにくいです。

しかし調べてみたところ、可能性はゼロではないことがわかりました。

エアコンが原因で火事になる事例はある

大手エアコンメーカーのダイキンや三菱電機で実際に火事が起きた事例があります。

2017年7月に静岡の民家で起きたエアコンが原因による火災は消防局の調べで製品に不備があることがわかりました。

これを受けて三菱重工は同製品の無償修理を受け付けています。

三菱重工によると、1999年10月~2007年の間に製造した同社のルームエアコン室内機の一部でファンモータのリード線接続部から発火に至る可能性があるそうです。

該当製品に当てはまる場合は無償点検。改修を受け付けています。

三菱重工製エアコン(ビーバーエアコン)ご愛用のお客様へ無償点検・改修のお願い

大手エアコンメーカー、ダイキンでも同様のエアコンによる火災事故は起きており、2006年8月~2010年8月までに製造したルームエアコン室内機で、送風用ファンモータから発煙·発火の可能性があることから無償点検·修理を行なっています。

ルームエアコン・家庭用空気清浄機ご愛用のお客様へのお詫びと 無償点検・修理の対象製品追加のお知らせ

もちろんエアコンによる火災発生の頻度はかなり稀。

普通に使ってる力にはまず火事が起きることはありません。

でもその可能性はゼロではないのです。

ではなぜエアコンで火事が起きるのでしょうか?

エアコンで火事が起きる原因

エアコンで火事が起きる原因はいくつかあります。

1. 電源プラグやコードの発熱

エアコンで一番危険でやってはいけないのが電源コードをいじること。

  • 電源コードを途中で切断し、別のコードとねじり接続していた
  • 電源プラグを延長コードに接続して使用していた

これらのケースではエアコン始動時の電流により接続部かに負荷がかかり、コードが発熱して発火に至る可能性があります。

エアコンは消費電力が大きいため、延長コード等と接続すると、接続不良やトラッキング現象が生じて発煙·発火するおそれます。