森の中で熊と遭遇してしまったら大変です。

もし襲われたらほとんど死亡確定ですからね。

事前に対処法を知っているか知らないか?

これで熊と出会ったときに生き残れる確率が大幅に変わります。

というわけでこれから山に行く人のために、熊と遭遇したときの正しい対処法や、熊の強さや出没時期などについて解説します。

スポンサーリンク

やべくんやべくん

あ、あ、あ・・・。

やべ老師やべ老師

ん?

やべくんやべくん

ク、ク、ク・・・。

やべ老師やべ老師

どうしたの?

やべくんやべくん

ク、クマが、あそこに・・・いる・・・。

やべ老師やべ老師

あ、ほんとだ。

やべくんやべくん

やばいよね? ねぇやばいよね? 逃げなきゃ。

やべ老師やべ老師

んー。ちょっと待って。
熊に会ったときって実は逃げちゃけないんだよ。

やべくんやべくん

えー? そうなの? じゃあ死んだフリ?

やべ老師やべ老師

死んだフリもダメ。

やべくんやべくん

えー! じゃあどうすればいいのさ!

やべ老師やべ老師

がおー!!

やべくんやべくん

え?

やべ老師やべ老師

威嚇すればいいのさ。

やべくんやべくん

む、無理だよ。熊相手に威嚇するなんて・・・。

やべ老師やべ老師

じゃなきゃ殺されるよ。

やべくんやべくん

マジ? が、がおーー・・・・。

やべ老師やべ老師

そんなんじゃダメ。ガオォオオオオオオ!

やべくんやべくん

って本当に威嚇なんてしていいの?

やべ老師やべ老師

いや、威嚇は近づいてきたときだけ。

やべくんやべくん

なんだ。じゃあクマが遠くにいるときは?

やべ老師やべ老師

クマが遠くにいるときは気づかれてないなら逃げる。
気づかれてるなら大きく手を振ってこちらの存在を示す。

やべくんやべくん

なんでわざわざこっちの存在を示すの?

やべ老師やべ老師

それは熊が人間を恐れてるからさ。
あっちも人間怖いから勝手に逃げてくよ。

やべくんやべくん

そうなの? 意外。

やべ老師やべ老師

熊は人間 = 銃で襲ってくる者だと思ってるから。

やべくんやべくん

なるほどね。

スポンサーリンク

熊と遭遇したときに絶対にしてはいけないこと

  • 背中を見せる
  • 急に逃げる
  • 死んだフリ

熊の走る速度を知っていますか?

最高速度60Kmです。(ヒグマの場合)

車同然のスピードですね・・・。

人間がいくら全力疾走しても逃げられるわけがありません。
そして熊は野生の動物なので逃げるものを追う本能があります。

だから背中を見せて逃げればまず間違いなく追ってきます。

熊に追いかけられてる人の動画

自転車でなんとか逃げきれてますが危なかったですね。
っていうか振り向いてカメラ写すのも命がけだと思うんですが、この人すごい・・・。

とにかく熊を相手に逃げる行為は自分が獲物だとわざわざ教えてあげてるようなものです。
いくら怖じ気づいて逃げたくても冷静さを保ち、じっとしていなければなりません。

また熊相手に死んだフリがいい、というのは都市伝説です。

というのも熊に出会ったら死んだフリをすべき、というのはイソップ物語が間違って解釈されてしまった結果であり、事実ではありません。

熊が動物の死体を見つけたら食べます。
だから死んだフリなんてしたら食べられて終わりです。

スポンサーリンク

熊対策の定番! 膝を抱いてうずくまり頭の後ろで手を組んでうつ伏せになるのは?

熊の攻撃をやり過ごす方法として、膝を抱いてうずくまり、頭の後ろで手を組んでうつ伏せになる方法を勧める人がいます。

でもこの方法には正直無理があります。

なぜかというと熊の攻撃が強力すぎて意識を保ったままこの体勢を続けることが非常に難しいからです。

熊の爪は余裕で人間の体を引き裂きますし、噛まれたら骨がボリボリ砕けます。

スズメバチに襲われたときならまだしも、熊に襲われてる状況で急所を守った体勢をキープするのはほとんど不可能です。

唯一の例外としては大きめのリュックを背負ってるときならうつ伏せになれば熊の攻撃がほとんどリュックに行くため、助かるかもしれません。

ただしこの場合も熊のお腹が空いておらず、こちらを補食対象として見ていない場合に限られます。

なので結局最後は神頼みの方法ですね。

でも熊の攻撃はすばやいので、最初の一撃を首辺りにパンチや爪の攻撃を食らって即死することも多いです。

普通に熊のパンチで首飛びますからね。

このやり方で即死することだけは避けらるのでやらないよりはマシでしょう。

それにしても熊は時速60kmのスピードで走れるので逃げるのは無理。

力は人間の比じゃないので戦っても勝ち目はない。

じゃあ残りの選択肢は死んだフリしかないんじゃないか?となってしまいます。

でも実は熊に襲われて生き残った人たちの多くは戦ってます。

人間からの思わぬ反撃を受けた熊がびっくりして逃げていくパターンです。

つまり正しい熊対策としては戦うことがベストな選択肢です。

ただし、だからと言って人間が熊に闘って勝てるわけではありません。

一応熊を舐めてる人のために熊の強さを書いておきます。

スポンサーリンク

熊の強さ

  • 体格
  • ヒグマ:身長2.2~2.5m 体重100~250kg
    ツキノワグマ:身長1.2~1.8m 体重50~120Kg

  • 最高時速60Kgのスピード
  • 高速道路で車とぶつかっても動ける頑丈な体
  • ピストルやライフル銃を弾く頑丈な頭
  • 鹿の毛皮を簡単に引き裂く長さ10cmの爪
  • 人間の頭蓋骨を簡単に噛み砕く噛む力
  • 馬の首をへし折る腕力(人間の首ならちぎれて吹き飛ぶ)
  • 犬より優れた嗅覚

車に跳ねられてもピンピンしてる熊。

ライフル銃で熊を打ってる動画。3発くらい当たってやっと死にました。

これどう考えても銃持ってない人間じゃ勝てませんよね。

ではどうやって熊に対抗すればいいんでしょうか?

スポンサーリンク

熊に遭遇したときの正しい対処法は戦わずして勝つ(追い払う)こと

熊に襲われたときに一番有効なのは追い払うことです。

熊はいったん攻撃体制に入ればそれはそれは凶暴です。

でも実は熊は攻撃体制に入る前までは臆病で、人間を怖がっています。

そのため、正しいやり方をすれば追い払うことができます。

なぜ人間より全然強いはずの熊が人間を恐れるのでしょうか?

それは昔から人間が熊を狩っていたからです。

何百年も人間が熊を銃で狩ってきた歴史の中で、熊にとって人間は出会ったら殺されるかもしれない危険な存在である、という恐怖心が植え付けられていきました。

つまり熊にとってはたとえ武器を持っていなくても人間 = 怖いものという認識があるのです。

では具体的な熊の追い払い方を紹介します。

目を逸らさず、手を振って声をかける

大抵の熊は人間を恐れているため、相手が人間だとわかれば逃げていきます。

そのためにはできるだけ距離が離れているうちにこちらが人間であることをわからせることが大切です。

頭の上で大きく手を振ってこちらの存在をアピールしながら穏やかに声をかけてください。

鈴を持ってるなら音を鳴らし、ラジオを持っているなら大音量でかけます。

それでも近づいてきたときは思いっきりドスの効いた大きなうなり声を出して熊をビビらせてください。

これでこちらに向かってきた熊も踵を返して逃げていくことが多いです。

その際はなるべく低く、大きな声を出すのがコツです。

でも思いっきり全速力でこっちに向かってきたときは一発食らっただけで死ぬくらいやばいので、大声でビビらせつつも回避に集中した方がいいです。

ちなみに低い声で熊を追い払った話は結構あるようです。

実際にスウェーデン人が熊に襲われかけた瞬間両腕を上げて思いっきり叫んで威嚇したところ、熊は方向転換して逃げていきました。

熊が彼に触れるか触れないかの距離まで近づいたところでの脅かし。

熊はこれで怯むんですね。

でも生きるか死ぬかの状況で彼のような行動ができる人はまれでしょう。

と思ったら日本人でも同じことをしている人がいました。

これは熊対策の方法としてかなり有効そうですね。

声の高い女性では難しいかもしれませんが男性なら試す価値がありそうです。

スポンサーリンク

熊に襲われて戦闘になってしまった場合の対処法

では次に運悪く好戦的な熊に襲われて戦闘状態に突入してしまった場合の対処法を解説します。

熊が具体的にどんな攻撃をしてくるのか把握して回避や防御に集中しつつ、隙を見て反撃を狙いましょう。

まず熊がどんな攻撃をしてくるのか、熊同士が食料を奪うために闘ってる動画があったので載せておきます。

熊同士の闘い

こんなん見たら戦意喪失しますよね・・・。

つまり実際に熊に出会って本当に攻撃されたらほぼ確実に死ぬでしょう。

それでもなんとかして生き残るためにとるべき防御・回避行動を解説します。

ちなみに丸腰の場合を想定して書きます。

熊の攻撃方法1 時速50キロで突進

熊が出会ってすぐ攻撃性むき出しで襲ってきた場合、まず最初に来るのがものすごいスピードの突進です。

時速40~50キロのスピードで体重120Kgの熊にタックルされてまともに受けてしまえばそれだけで致命傷になります。

しかもタックルみたいな体当たりがくるのではなく長く鋭い爪での張り手か引っ掻きがきます。

熊の体重とスピードから考えてこの攻撃をまともに食らえば一発で終わりです。

  • 首に当たれば首が吹き飛ぶか首骨が折れて即死
  • 頭に当たれば頭蓋骨骨折して即死か昏睡状態
  • 肩に当たれば腕がもぎとれる
  • 腹に当たれば内蔵えぐられる
  • 背中に当たれば背骨折れる

どれも致命傷です。
なので最初の一発は何がなんでも避けてください。

避けるコツはギリギリまで引き付けて、飛びかかってくる寸前にひょいと避けることです。

まぁ車が正面から走ってくるのとほぼ同じなんで普通の人間の身体能力ではそう簡単には避けれないのが現実です。

実際襲われるとこんな感じです。

めっちゃ速いですね。

完全には避けれなくても最悪頭か首に一発喰らうのだけは避けましょう。

両腕で頭をガードしつつ左右どちらかにステップでも転がるのでも何でもいいので避けてください。

熊の攻撃方法2 のしかかったり組伏せたり

bearattack

熊はヒグマなら体重200Kg、ツキノワグマで70Kgくらいあります。

ヒグマは柔道有段の力士みたいなものです。
のしかかられたらまず動けません。

じゃあどうするか?

体勢的にかなり難しいと思いますが頑張って熊の急所を攻撃するしかありません。

この状況でできることは

  • 目潰し
  • 鼻を思いきり握り潰す
  • 鼻の穴に指を思いっきり突っ込む
  • 鼻を噛みちぎる

これができればいいんですがおそらく無理でしょうね。

巨体にのしかかられてる状態で強力な腕力と爪で押さえ付けられてしまう可能性もあるので。

少なくとも片腕が自由になってないと何もできませんし、自由になってたとしても熊の顔に手が届くとは限りませんから。

それに一般人の腕力では片腕だけでいくら熊の弱点を攻撃しても全然ダメージを与えられないでしょう。

殴ってもほとんどダメージにならないので指で目や鼻をえぐるような攻撃の方がまだ有効です。

また、腕をわざと熊に食べられるように差し出して食べられる瞬間に喉の奥に突っ込んで喉ちんこを思いっきり握る、という攻撃方法があります。

この方法を実際に使ったら熊が痛がって逃げていって助かった、という人が何人かいるようです。

腕1本犠牲になる可能性はありますが命よりは安いので丸腰で襲われたときの最後の賭けとして喉に腕を突っ込む方法を覚えておくと助かる確率が上がるでしょう。

熊の攻撃方法3 噛みついたり引っ掻いたり

熊が最初の攻撃のあとにしてくる主な攻撃が長い爪による引っ掻き攻撃と頑丈な顎による噛みつき攻撃です。

まず爪の引っ掻きと腕力で人間を押さえ付けて動けなくし、そのまなガブガブ噛まれまて生きたまま食べられてしまいます。

この攻撃に対する対処法はもし両腕を拘束されてる場合はありません。
なすすべもなく食べられるだけです。

熊に襲われてる牛の動画

これはやばいですね。

もし人間だったら嚙みついた状態で振り回されて首なら取れるでしょうし、腕ならもげるでしょう。

こんな状態で生き残るにはどうしたらいいか?

片腕だけでも自由なら対処法はのしかかられたときと同じです。

熊の弱点の目や鼻を攻撃するか腕を喉に突っ込むかでなんとか熊がひるんであなたを食べることに興味を失い、去ってくれることを祈るのみです。

でも熊にがっしりつかまれちゃってるこの状況から逃げれたらほとんど奇跡と言ってもいいくらい難しいでしょう。

スポンサーリンク

熊対策に有効な武器は?

kinoeda

熊に丸腰で襲われたらこのようにかなり絶望的です。
熊が出没する場所に出かけるときは何か武器を持っておきたいところですね。

熊に対抗するための武器としては銃が一番ですが、素人に銃は持てませんよね。
ではどんな武器が有効なんでしょうか?

長い棒

熊対策の武器としてもっとも有効なのは長い棒です。
これをどう使うかというと、熊の鼻先を左右に薙ぎ払います。

熊の弱点は鼻です。

そして長い棒は熊の鼻先を攻撃するのにもっとも向いてる武器なのです。

もちろんその程度で熊は死ぬことはまずあり得ませんが、この攻撃により、ひるんだ熊が逃げていくことが多いです。

長めの木の枝で熊を追い払ったという例が多数あります。

なので熊と遭遇したら、または遭遇する前の備えとして、長めの木の枝を探して持っておくと心強いです。
もちろん木の枝なんかより長さ1m以上ある鉈とか槍とかがあれば一番いいんですが、銃刀法違反ですよね。

その場合、傘でも使えないことはないでしょう。
しかも傘は薙ぎ払う以外にも攻撃方法があります。

ワンタッチ傘

長い棒に次いで有効なのが意外だと思いますが傘です。
熊の目の前で傘を突然開くのです。

傘なんて見たことがない熊はこれにガチでビビります。

実際に傘を使って熊を追い払った例があります。
ワンタッチでパッと開く傘が有効です。

ベアスプレー

ベアスプレーは熊から4m離れたところから攻撃できるため、接近戦になる前に攻撃することができる武器としてかなり有効です。

ベアスプレーは目や鼻を強烈に刺激する唐辛子を主成分にしたスプレーで、これを人間が食らうと目がほとんど見えなくなるとともに呼吸困難に陥ります。

熊には人間ほどではないですが、ちゃんと顔面に当たれば効きます。
襲ってくる熊を待ち伏せてプシューっとやるだけなので身体能力関係なく使えるのもいいところです。

ただし、ベアスプレーを使うときは風向きが超大事で追い風で使うとスプレーが自分にもかかってしまい、目がまともに見えなくなり、呼吸困難に陥って大変なことになります。

使い方さえ間違えなければ確実に有効な武器です。

鉈(なた)

熊対策グッズとして鉈が売られていたりしますが、鉈はあまり有効じゃないです。

熊のスペックのところで触れましたが、熊は車に跳ねられても銃で撃たれても生きてるくらいなので、素人が鉈で攻撃してもおそらくビクともしません。

熊からしたら「ちょっと痒い」程度にしか感じないと思います。

効くとしたら弱点の目や鼻に当てた場合くらいですが、目や鼻に鉈の攻撃を当てれる位置にまで近づいてしまった時点でかなり危険です。

基本的に熊と接近戦になってしまうと人間が圧倒的に不利なので接近戦で使う鉈よりも中距離から使える他の武器で撃退した方が絶対いいです。

鉈はないよりはマシ程度のものと思っておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

熊は何のために人を襲うのか?

kumaoyako

では熊はなぜ人を襲うのでしょうか?
理由がわかれば何か対策できるかもしれません。

1. 食べるため

1つ目は食べるためです。

襲った後にその場で食べ始めます。

日本にいるヒグマは人を食べますし、ツキノワグマは基本人を食べませんが、雑食なのでお腹が空けば、または人が弱い獲物だと学習すれば食べるそうです。

最近ではツキノワグマが人の集落を襲撃し、人を食べた事例があります。

熊人間の骨をバリボリ噛み砕き、生きたまま食べるので実際に食べられたら地獄です。

2. 子グマを守るため

2つ目は子グマを守るために子グマに近づいた人間を襲います。

山の中でたまたま至近距離で出会った熊が母グマで、近くに子グマがいた場合は運の尽きです。

簡単に殺されてしまうでしょう。

また、子グマを守る以外にも、冬は冬眠場所を守るために近づく人を襲います。

3. 人間に威嚇されたと感じて反撃

4足歩行の熊は2足歩行の人間を見ると威嚇されてるように感じるようです。

好戦的な熊は威嚇されたと感じると攻撃してきます。

ただし、好戦的な熊よりも臆病な熊の方が多いため、基本的には威嚇することで熊の方から逃げてくれます。

なので確率的には威嚇した方が正解になることが多いです。

でもちゃんと状況を見てこいつ明らかに興奮していて敵意むき出しだと思ったら威嚇はやめましょう。

4. たまたまはち合わせしてしまってとっさに攻撃する

kumachui

熊は偶然至近距離で人間と出会った場合、驚いて逃げていくパターンが多いですが、防衛本能で攻撃してくることがあります。

こういう熊は本来人間を襲うつもりなどなかった熊です。

このケースの熊は人間を倒したり食べたりすることにはあまり興味がないため、反撃されると我に返って攻撃をやめ、逃げていくことが多いです。

熊に襲われて生き延びた人が出会った熊の多くがこのパターンだと思います。

もしこのパターンで出会ってしまった場合は、反撃するか両腕を大きく上に上げて振りながらうなり声を上げて威嚇するかで難を逃れられる可能性があります。

しかし食べるためや子グマを守るために襲ってきた場合はそうもいかず、やられてしまいます。

熊はいつ出没する? 冬眠時期と危険な時期

toumin

熊は出会ってしまうと非常に恐ろしい生き物です。
できれば出会いたくないですね。

ところで熊はいつ出没するんでしょうか。

熊の出没時期

熊の出没は春から秋まで、冬以外です。

4~11月は活動しているため、遭遇の可能性があります。

熊の冬眠時期

熊は冬の時期(12~3月)は冬眠しています。

つまり冬なら熊に出会う確率低いでしょう。

ただし、完全に眠ってるわけではなく、少しの物音で目を覚ますため、冬でも熊の穴蔵に間違って近づくと危険です。

熊がもっとも危険な時期

熊がもっとも危険な時期は春から夏にかけてです。

熊は冬眠明けの春から夏にかけては体がなまっているために立ち上がることができず、4足歩行で行動します。

この状態で攻撃してくる場合は爪で組伏せて噛みつくパターンになりますが、この攻撃は回避が難しく逃れられるのも難しいのでやっかいです。

上で解説しましたが、熊は体がなまっていることなんてなんのハンデにもならないくらい強いです。

しかも、冬眠明けの熊はお腹が空いています。

つまり、人間を食糧とみなして襲ってくることも多いのがこの時期です。

  • 4足歩行でほとんど組伏せてからの噛みつき攻撃が主体
  • お腹が空いている

こんな怖い熊はいません。

食べられそうになってる状態では熊はそうそう諦めないので、喉に窒息させる勢いで腕を突っ込むくらい強引な反撃をしないと食べられてしまうでしょう。

この時期に熊と出会ってしまったらできる限りうなり声での威嚇で取っ組み合いになる前に追い払うのがベストです。

また、次に危険なのは秋から冬にかけての時期です。

この時期の熊は冬眠前に食糧を確保するため、餌探しに夢中になってます。

そしてこの時期は人間が山菜取りに行く時期とも被るため、餌を探している熊と山菜取りをしている人間が鉢合わせになってしまう危険があります。

場合によっては熊は自分の餌取り場所の確保のため、邪魔な人間を排除するために攻撃してくる可能性があります。

この場合は人間を食べるために襲ってるわけじゃないので少し反撃すれば諦めてくれる可能性が高いですが、春よりも熊の数は多いので出会ってしまう確率は高いです。

この場合もできる限り戦闘になる前に威嚇で追い払ってしまうのが懸命です。

まとめ

  • 熊に襲われたときには「背中を見せる」、「逃げる」、「死んだフリ」はダメ。勝てなくても戦った方が生き残れる
  • 熊は最高時速60kmで走れるため、逃げるのは無理。背中を見せて逃げると野生動物の本能で襲ってくるので絶対NG
  • 熊は車に跳ねられてもピンピンしていて、ライフル銃でも3発撃たないと死なないくらい頑丈で強い
  • 熊は基本的には人間を恐れているため、こちらが人間であることをアピールすれば向こうから勝手に逃げていく
  • ただし人間が弱いことを学習した熊や好奇心旺盛な熊もいるため、絶対にそうとは限らない
  • 熊の攻撃は非常に強力で、特に最初の一発をまともに喰らうとそれだけで即死、または致命傷を受ける
  • 熊に素手で反撃するのは非常に難しいが、効くとすれば目や鼻への攻撃か喉に腕を突っ込んで窒息させる方法くらい
  • ヒグマは人を食べる。ツキノワグマは人を食べないが、お腹が空いてたり、人間が弱いと学習した熊は食べる
  • 熊は冬は冬眠していて、春から秋にかけて出没する。熊がもっとも危険な時期はお腹が空いてる冬眠明けの春から冬にかけて

スポンサーリンク