海外ではおそらくお金はその国の通貨に両替して使ってると思います。

でも日本に帰国してから家に帰るまでの交通費は基本的に現金としてとっておく必要があります。

それをしていないと大変なことになります。

つまり、空港から家に帰れない!というわけです。

私は実際にそんな体験をしました。

でもそんな時でもなんとかする方法はあります。

というわけで今回は海外から帰国後にお金がなくて自宅に帰れなくなった時の対処法を解説します。

スポンサーリンク

やべくんやべくん

ふぅー。アメリカ楽しかった! やっと日本だ!

やべくんやべくん

さて。帰ろう。

・・・・

・・・

やべくんやべくん

あ・・・。

やべくんやべくん

やばい! 電車代がない!

やべくんやべくん

どうしよう・・・。

やべくんやべくん

よし。老師に電話しよう。

プルルルルルッ

ピッ

やべ老師やべ老師

もしもし? あれ?やべくん?

やべくんやべくん

あ! 老師! 今日本着いたんだけどさ、空港でお金なくて帰れなくなっちゃって・・・。

やべ老師やべ老師

バカだなー。帰りの交通費くらい用意しとくもんでしょ、普通。

やべくんやべくん

いやー。楽しすぎて忘れてた^^

やべ老師やべ老師

で? 空港まで迎えに来てほしいと?

やべくんやべくん

うん!

やべ老師やべ老師

っていうかカード持ってないの?

やべくんやべくん

ん? あるけど?

やべ老師やべ老師

じゃあカードを使え!

やべくんやべくん

え? 電車に使えるの?

やべ老師やべ老師

使えるよ。

やべくんやべくん

そうなのか! なんだ。帰れるじゃん!

やべ老師やべ老師

(よし。迎えに行かずに済んでよかった)

スポンサーリンク

空港から自宅までの交通費がない時の対処法

1. クレジットカードがあるならカード払いで対応する

クレジットカード

電車:〇

新幹線や特急はみんな知ってる通り、クレジットカード払いに対応してます。

普通電車はJRの場合130円の切符でもカード払いで買えます(緑の窓口)

私鉄の場合も最近どんどん対応してきてるので使えるところが多いと思います。

タクシー:△

タクシーはドアに国際ブランドのシールが貼ってるものならクレジットカード払いに対応してます。

なのでシールの貼ってあるタクシーを選べば問題ありません。

ただし、シールが貼ってあっても運転手によっては稀に使えないケースもあるので乗るときに一信「カード払いできますか?」と聞きましょう。

バス·高速バス:〇

高速バスはクレジットカード払いに対応してます。

空港からの移動手段だと高速バスも安くて便利ですね。

また普通の市内循環系のバスの場合、さすがにクレジットカードでの支払いはできませんが、ICカードが利用できるパスが多いです。

そしてICカードのチャージはクレジットカードでできます。

なのでICカードさえ持っていればクレジットカード払いでチャージして路線バスにも乗れます。

というわけでクレジットカードさえ持っていれば、どの交通手段もいけちゃいますね。

しかし問題はクレジットカードを持っていない場合です。

現金もカードもない・・・。

こういうときはどうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

2. クレジットカードもないときは?

ネット

クレジットカードがなくても方法はあります。

それは親のクレジットカードを使うこと。

どういうことかというと親のクレジットカードを使ってインターネット上でオンライン決済するのです。

オンライン決済サービスのある交通機関を利用する場合はインターネット上でカード払いするのでその場でカードを持っていなくても番号を入力すれば決済できます。

飛行機は100%いける

実際に私は某格安航空会社を利用したときに成田行きの予定が大阪行きに変更になり、大阪らから成田への飛行機代がなかったのでこの手段を使いました。

ネット上でパパっとチケットを購入してその決済画面を航空会社の人に見せたらすぐにチケット発行してくれました。

ちなみにその航空会社から後日飛行機代は戻ってきました。

飛行機の場合はインターネット上でチケット買えるのでオンライン決済できますね。

他の手段はどうでしょうか?

高速バスならいける

高速バスなら飛行機と同じようにインターネット上でチケットを買えるので親のクレジットカードが使えます。

新幹線や特急もいける

新幹線や特急ならたいていはネット予約できるのでネットでクレジットカード払いで予約して現地で切符を受け取れるのでこの手段が使えます。

Suicaはビューカードならいける

Suicaにはインターネットサービスというのがあり、ネット上でSuicaにお金をチャージできます。

ただし、クレジットカードでチャージできるのはビューカードのみなので持っていなければできません。

タクシーは一部ネット決済が利用可能

タクシーは全国タクシーというアプリを使うと全国47都道府県の各対応エリアでタクシーが呼べてかつネット決済を利用できます。

現金払いだけというイメージが強いタクシーですが、今はだいぶ便利になりました。

スポンサーリンク

最後の手段:タクシーで家に着いてから払う

タクシー

以上の方法が使えない人もいるかもしれません。

カード持ってなくて親とも疎遠になってるとか···。

そういう人でも最終手段は残ってます。

それはタクシーで帰って帰宅後にお金を払うこと。

つまり後払いですが自宅に現金やカードがないとダメですね。

または自宅でカードを取り出してそこからATMまで行って下ろして決済するとか。

タクシー運転手に迷惑をかけることになりますがチップを弾めば引き受けてくれるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上のことをまとめると、まず海外から日本に帰国したら、普通は家に帰るまでの現金が必要です。

なので海外旅行するときは帰国前に現金用意しときましょう。

そして万が一現金がなかったとしても、ほとんどの公共交通機関がクレジットカード払いに対応してるのでカードさえ持ってればなんとかなります。

さらにクレジットカードすら持ってない場合でも親のクレジットカードの番号さえわかればネット決済でオンライン決済対応している各交通手段が利用できます。

そしてこれらどの手段も使えなかった場合でもタクシーで帰って帰宅後に払う、という手段を使えばなんとかなります。

というわけで帰国後空港で無一文になっても冷静に対応しましょう。