方向音痴な人にとって困るのがわかりにくい高速道路の入口。

看板に気づかずに間違って入ってしまうことがあります。

気づいた時には目の前に料金所。

この場合、料金所手前でUターンして戻ることはできるのでしょうか?

今回は高速道路に間違えて入った場合の対処法を解説します。

やべくんやべくん

あ! やべ!

やべ老師やべ老師

どうした?

やべくんやべくん

間違って高速の入口入っちゃった・・・。

やべ老師やべ老師

あー。ドンマイ。

やべくんやべくん

え。これどうすればいいの?w

やべ老師やべ老師

うーん。Uターンできるときとできないときがある。

やべくんやべくん

これどっち??

やべ老師やべ老師

よし、解説しよう。

やべ老師やべ老師

ってことで今回は高速道路入口にに間違えて入ってしまったときの対処法を解説します!

スポンサーリンク

高速道路入口にに間違えて入った場合の対処法1 Uターン

料金所

高速道路に間違えて入ってしまったときの1つ目の対処法は料金所手前でUターンして引き返すこと。

この場合、有人の料金所に行くか、端の方に係員用の駐車スペースがあればそこに車を止めて料金所の係員に事情を説明してください。

たいていのICにはUターン用の経路が料金所手前に設置されてます。

が、稀にゲートをくぐらないとUターンできない所もあります。

その場合でも係員に聞けば無料でUターンできるよう案内してくれます。

これで無料のまま高速道路から抜け出せます!

ただし、間違えてETCレーン、またはETC&有人レーンにETCをつけたまま入らないようにしましょう。

入ってしまうと料金が発生してしまいます。

首都高などはUターンできない

実は首都高の場合、Uターン用の経路がありません。

首都高のインターは入り口と出口が分かれていて、完全に一方通行なのです。

不便ですが都会はスペースがないので仕方なくそういう構造になってるということでしょう。

もし首都高の高速道路に入ってしまった場合は諦めて高速に乗り、最初のICで降りるしか選択肢はありません。

というわけで首都高のようなUターンができない高速道路に間違って入ってしまった場合の対処法は1つ。

高速道路に間違えて入った場合の対処法2次のICで降りることです。

素直に高速料金を払ってびのICで降りて時間とお金をしかありません。

首都高は方向音痴な人にとっては非常に残酷なシステムですね。

ちなみに首都高以外でもUターンできないICはあるので注意しましょう。

しかしそのときたまたま財布を持ってなくて高速料金を払えない場合はどうなるのでしょうか?

お金がないのにUターンできない高速道路に入ってしまった場合

ケアレスミス

あまりないとは思いますが、財布を持たずに車で出かけて、道に迷って高速道路に入ってしまう、というパターンもあると思います。

この場合、料金所の係員に事情を説明してください。

すると免許証を見せるように言われるので、免許証を見せて書類に住所、氏名などを書きます。

すると振込用紙を渡されます。

その振込用紙を使って後日お金を振り込むことになります。

つまりお金があろうがなかろうが高速に乗り、その場にしろ後でにしろ高速代は払わなきゃいけないってことですね。

またETCカードが家にある場合は首都高コールセンターに番号を伝えるだけでも後払いができます。

高速道路に乗れない車両でUターンできない高速道路に入ってしまった場合

やばい

中には原付や自転車などの高速道路を走ってはいけない車両に乗ってるときに間違えて高速道路に入ってしまう、ということもあり得ます。

さらにその高速道路が首都高でUターンできない。

この場合はどうすればいいのでしょうか?

基本的に原付や自転車で高速道路を運転してはならず、運転して誰かに通報されて警察がきた場合に道路交通法違反で違反点数と反則金を取られます。

なので原付や自転車で高速に入ってはいけません。

しかし一方通行なので入り口まで来てしまうとUターンはできない。

この場合、料金所の係員に相談するとどうなるかというと、警察がきてICを一時的に封鎖し、パトカーに誘導されながらUターンすることになります。

なんて大げさな!って感じですよね。

単に道を間違えちやっただけなのに・・・。

正直道路作った人に文句言いたいですが、どうしようもありません。

原付で方向音痴な人は気をつけるしかないですね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、高速道路に間違えて入ってしまった場合の対処法について解説してしてきました。

通常は料金所の係員に相談してUターンすればいいのですが、物理的にUターンできないICもあるのが厄介ですね。

方向音痴な人なら間違えて高速道路の入り口に入ってしまうことは良くあることですし、それに対する対処法がきちんと用意されてないのは正直道路が悪いと思います。

しかし道路に文句を言ってもしょうがないので気をつけるしかない、ってことですね。

スポンサーリンク